食べ応えのある大きめのアサリがふんだんに使われたボンゴレビアンコ。北海道厚岸町からの直送で、ニンニク、オリーブオイル、白ワインで仕上げた塩味が、そのうま味を引き立てる。

 「彩り野菜」にはキャベツやパプリカ、ズッキーニなどその時々に仕入れた地元の新鮮な野菜を使用。パスタはイタリア産の細麺で、スープとよく絡む。

 創作イタリア料理を提供し17年目を迎えた同店で、開店当時から続く人気メニューの一つだ。同じアサリと手作りトマトソースで作るボンゴレロッソもある。

 「インスタントは使わない。味には絶対の自信があります」と同店を経営する「アートコーポレーション」の上吉原弘一(かみよしはらひろいち)社長(66)。食材や手作りにこだわり、地元はもちろん、首都圏など県外からの観光客にも人気でリピーターも多い。

 ログハウス風の建物で鬼怒川温泉に近く、周囲を木立に囲まれる。約100席あり個室も備える。テラスではペットを連れて食事を楽しめる。

 上吉原社長は「鬼怒川温泉の周辺にはこうした店はまだ少なく、温泉街がにぎわうきっかけになればうれしい」と話している。

 ◆メモ ▽北海あさりと彩り野菜のボンゴレビアンコは税込み1300円▽日光市小佐越8の10▽営業時間 午前11時~午後3時、午後5時~9時▽定休日 木曜▽電話0288・77・0006。