プログラミング教育を体験する保護者

プログラミング教育を体験する保護者

プログラミング教育を体験する保護者 プログラミング教育を体験する保護者

 【上三川】来年度から小学校でプログラミング教育が必修化されるのを前に、保護者らがタブレット端末を操作しながら授業を体験する「教育講演会」が26日、坂上小で開かれた。

 保護者や教員ら約50人が参加した。町教委とNTTドコモ栃木支店の担当者が講師を務め、プログラミング教育導入の背景などについて解説した。その後、参加者は小学生が実際に使用するタブレット端末とプログラミング環境を使い、さまざまな課題に挑戦した。