佐野市の中心部、静かな住宅街にある洋食とワインが気軽に楽しめる店。国内でも数少ない国際ソムリエ協会認定ディプロマの資格を持つ石川英明(いしかわひであき)代表(43)が、自慢料理と食事に合った厳選ワインで客をもてなす。

 店は旧田沼町にあった小料理屋「山河(さんが)」が前身。その後「スナック山河」から「AiAi」となり、3代目の石川代表が店名を「sanga(さんが)」に変え2016年、移転オープンした。

 料理は季節ごとに内容を変えており、この時季は国産牛スネ肉の白ワイン煮込み(税別1800円)が最もお薦め。5、6時間煮込んだ良質な国産牛と2日かけて仕込んだソースの肉は、軟らかく、爽やかな酸味とこくが感じられる逸品で、ワインとの相性も抜群。春菊と真ダラ白子のスパゲティ(1200円)、飛駒産卵を使ったオムライス(1千円)、手ごねハンバーグ(1200円)などメニューは豊富で注文する女性客も多い。

 市中心部に移転して約2年半、石川代表は「ワインを飲まなくても、おしゃれな空間で食事を楽しんでほしい。近所の方が徒歩で来てくれるようになったのがうれしいですね」と目を細める。

 ◆メモ 佐野市植上町1606。午後5時~午前0時。木曜・第3日曜定休。(問)0283・86・8829。