今年は県内236チームが10日間にわたり熱戦を繰り広げる=前回大会の開会式から

 今夏に開催される「第50回記念県学童軟式野球大会兼マクドナルドカップ第36回町内選抜学童軟式野球大会」(県野球連盟、下野新聞社主催)に過去最多236チームが出場することが25日までに決まった。試合は7月27日から週末を中心に計10日間で行い、8月25日の準決勝と同31日の決勝は史上初の“ナイター開催”とする。決勝以外は三回15点差コールドなどの「記念大会特別ルール」を適用して実施する。

 8月に栃木市で開催されてきた町内選抜大会を兼ねて実施する。記念大会のため各地区予選を行わず、昨年より98チーム多い236チームがトーナメント戦で争う。

【記念大会の特別ルール】
・決勝以外は三回以降15点差、五回以降7点差でコールドゲームが成立
・三回までは1イニング10得点交代制とし、アウト数に関係なく1イニング10得点を超えてプレーが一段落した時点で攻守交代
・七回もしくは100分間で試合が終了しない場合、1、2回戦は抽選で勝敗を決定。3回戦~準々決勝はタイブレークを1イニング、準決勝と決勝は2イニング実施し、勝敗が決定しない場合は抽選。