育児休業の体験談を話す塚原さん

 【小山】市などが主催する男女共同参画フェアが22日、市文化センターで開かれ、男性市職員で最長9カ月の育児休業を取得した塚原弘史(つかはらひろふみ)さん(34)が体験談を発表した。

 塚原さんは昨年6月に第1子を授かり、今年3月末まで育児休業した。男性市職員の育児休業取得率は2018年度で29%だが短期間が多く、長期の取得はなかなかいないのが現状。当時は市の広報を作成する秘書広報課に在籍していた。