再審開始決定からの10年を振り返る菅家さん=20日午後、足利市内

 1990年に足利市で女児が殺害された足利事件で、菅家利和(すがやとしかず)さん(72)が再審開始決定を受けてから23日で10年を迎えた。再審を経て2010年に無罪判決を勝ち取った菅家さんは現在、冤罪(えんざい)を訴える人の支援のため全国を飛び回る。全国では足利事件以降、再審無罪が相次ぐ一方、再審開始までこぎ着けられる事件はまれなのが実情だ。冤罪による消えない記憶を抱えながら、菅家さんは「司法制度をさらに変えなくてはならない」と主張している。

 「袴田巌(はかまだいわお)さんは80代ですよ。早く再審をやらなきゃ」。20日、足利市内で下野新聞社の取材に応じた菅家さんは語気を強めた。

 袴田さんは、死刑が確定した強盗殺人事件(1966年、静岡県)で冤罪を訴えている。2014年に静岡地裁が再審開始を決定したが、検察側が即時抗告、東京高裁が2018年に地裁の決定を取り消した。

 袴田さんを支援している菅家さん。獄中で長く再審を待ち望んだ自身の経験を振り返り「検察が再審を邪魔するのは、やめてほしい」と怒りをあらわにした。

 日弁連は「救済まで長い年月を費やす」と検察が抗告できる制度を批判している。海外では、ドイツのように開始決定に対する検察の抗告を禁じる国もある。菅家さんも「日本はおかしい。法律を変えないといけない」と訴える。

 足利事件などさまざまな冤罪事件の教訓を受け、刑事訴訟法の改正などが進んだ。今月から裁判員裁判対象事件などで、取り調べの全過程の録音・録画(可視化)が義務化されたことも一例だ。

 菅家さんも可視化を訴えてきた。「犯人と決めつけて怒鳴られ、何も言えなかった」。取り調べの記憶が薄れたことはない。「全ての事件で取り調べを可視化し、弁護士の立ち会いも認めてほしい」とさらなる制度改革を望んでいる。

 菅家さんは現在も、月の3分の1は再審請求事件などの支援で全国各地に出向く。支援活動は多忙だ。プライベートで「温泉などに行ってみたい」という思いもある。

 だが、活動を通じて出会った同じ境遇の仲間の存在が背中を押す。冤罪で受けた苦しみは癒えない。「活動は生きているうちに終わらないんじゃないか」。苦しむ人を減らすため、これからも仲間とともに歩む。