下野新聞模擬テストに臨む中学生たち=23日午前、宇都宮短大付属高

下野新聞模擬テストに臨む中学生たち=23日午前、宇都宮短大付属高

下野新聞模擬テストに臨む中学生たち=23日午前、宇都宮短大付属高 下野新聞模擬テストに臨む中学生たち=23日午前、宇都宮短大付属高

 中学3年生を対象にした下野新聞模擬テスト(下野新聞社主催)が23日、県内の高校や大学5カ所と学習塾約400カ所で行われ、約6千人が実力を試した。

 テストは国語、社会、数学、理科、英語の5教科。会場の一つとなった宇都宮短大付属高では、約500人が真剣な表情で問題を解いた。

 宇都宮短大付属中3年斎藤珠愛(さいとうじゅな)さん(14)は「テスト結果から苦手な部分を把握し、今後の勉強に生かしたい」と話した。

 次回のテストは中学2、3年生を対象に8月25日に実施する。