9回に逆転サヨナラ打を放ち、チームメイトから祝福を受ける栃木GBの野崎(中央)=足利市総合運動場硬式野球場

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグは22日に各地で後期が開幕。前期東地区3位の栃木ゴールデンブレーブス(GB)は足利市総合運動場硬式野球場で茨城と対戦、5-4で逆転サヨナラ勝ちした。前期に続き、開幕戦を白星で飾った。

 栃木GBは先発した比嘉大智(ひがだいち)の調子が上がらず5回8安打4失点で降板。だが、その後は前田大佳(まえだまさよし)、手塚俊二(てづかしゅんじ)、秋山陸(あきやまりく)とリリーフ陣が好投し、追加点を与えなかった。

 打線は4点を追う四回に松井永吉(まついえいきち)、申勝元(シンスンウォン)の連続適時打で2点を奪取。2点を追う九回は1死三塁から松井の右前適時打で1点差とし、なおも2死二、三塁で野崎新矢(のざきしんや)が右中間を破る2点適時二塁打を放ち試合を決めた。

 次戦は23日正午から、茨城県常総市の石下球場で茨城と戦う。