閉校した学校の写真や校旗などが展示されている会場

 【那須】昭和~平成に閉校した小中学校ゆかりの資料を集めた特別展「郷愁 懐かしの我が母校~那須町小中学校の移り変わり~」が、芦野の那須歴史探訪館で開かれている。明治初期からつづられた小学校の沿革誌や大正時代に撮影された記念写真など約120点を展示。地域住民からの提供や統合先の学校に保管されていた資料を集めたため、全体の約7割は初公開。同館学芸員の作間亮哉(さくまかつや)さん(26)は「当時を振り返り、若い人にも地域の歴史を伝えてほしい」と来館を呼び掛けている。

 少子化に伴い、小中学校の統廃合を進めた「町学校適正配置等計画」が昨年度終了。これを受け、これまでに廃校した学校の歴史を次の世代につなげようと、同館が企画した。