SGHとの経営統合が白紙となったことなどについて説明する法師人社長=21日午前、宇都宮市

SGHとの経営統合が白紙となったことなどについて説明する法師人社長=21日午前、宇都宮市

SGHとの経営統合が白紙となったことなどについて説明する法師人社長=21日午前、宇都宮市

SGHとの経営統合が白紙となったことなどについて説明する法師人社長=21日午前、宇都宮市 SGHとの経営統合が白紙となったことなどについて説明する法師人社長=21日午前、宇都宮市 SGHとの経営統合が白紙となったことなどについて説明する法師人社長=21日午前、宇都宮市

 元気寿司(宇都宮市大通り2丁目)は21日、宇都宮市内で株主総会を開き、法師人尚史(ほうしとたかし)社長は、回転ずし業界首位のスシローグローバルホールディングス(SGH、大阪府)との経営統合の白紙撤回について言及し、「いい報告ができればという思いも多少あったが、自分たちのこれからを第一に考えた」と説明した。新たな他社との統合は「(現時点で)ない」と明言し、単独路線を維持していく考えを示した。

 両社は18日、戦略の違いが明確になったとして資本業務提携の解消を発表した。SGHが展開するスシローの「回るすし」に対し、元気寿司は注文による出来たてを高速レーンで届ける「回らないすし」が強み。194店舗(3月末時点)も構える海外はフランチャイズにより出店拡大を図ってきたがスシロー側は直営展開にこだわり、独自に進むことになったという。