1982年にオープンし、2度の改装を行ったが開店当時のウッディな雰囲気を残している。「珈琲(コーヒー)やお茶を飲みながら話を楽しんでほしい」という思いで店名を決め、店員と話しやすいようにカウンター席も用意している。

 人気のメニューは全国でも珍しい立体ラテアートのカフェラテ。カフェラテにミルクの泡を乗せ、コーヒーの泡やザクロシロップなどで色付けしていく。イラストは東武鬼怒川線のSL「大樹(たいじゅ)」や日光東照宮の眠り猫、三猿といった定番ものだけでなく、3年ほど前からは似顔絵やペットの写真など、客のリクエストにも対応するようになった。

 専務の柏木純一(かしわぎじゅんいち)さん(37)は「観光の合間に訪れたお客さまに、旅行の思い出の一つにしてほしい」と話す。より楽しんでもらうため、カウンター脇のモニターでは制作中の手元を見ることができる。

 写真共有アプリ「インスタグラム」やフェイスブックでラテアートを知り、全国から観光客が訪れているという。柏木さんは「思わず写真を撮りたくなるものを提供しようと心掛けています」と胸を張った。

 ◆メモ 日光市今市1147。開店は午前11時、日、月、木曜は午後10時、火曜は午後5時、金、土曜は午前0時まで。水曜定休。(問)0288・22・5876。