次世代型路面電車(LRT)整備担当で6月末に退任する宇都宮市の吉田信博(よしだのぶひろ)副市長の後任に、国土交通省室長鎌田秀一(かまたしゅういち)氏(52)が就任する見込みになったことが19日、分かった。市は、開会中の定例市議会に人事案を追加提出する。

 鎌田氏は早稲田大大学院理工学研究科を修了後、旧建設省入り。国交省都市局都市計画課施設計画調整官などを歴任し、現在は街路交通施設課街路交通施設企画室長を務める。