【足利】市は18日までに、4月27日~5月6日のゴールデンウイーク(GW)に市内の主要観光施設などを訪れた観光客の入り込み状況をまとめた。

 主要観光施設の来場者数は、あしかがフラワーパークが46万2221人、史跡足利学校が2万9404人。1日平均でみるとフラワーパークは前年同期比6127人、同学校は99人増加し、いずれも大型観光企画「栃木デスティネーションキャンペーン」が実施された昨年を上回った。

 同学校で元号の典拠となった蔵書を公開する「元号ゆかりの本」展を開催したことや、フラワーパークのフジの花の見頃がGWと重なったことが奏功したとみられる。