収穫シーズンを迎えたマンゴー

 【那珂川】松野のビニールハウスで民間企業のチップボイラー余熱を利用して育てたマンゴーが、収穫の最盛期を迎えている。

 循環型社会の実現を目指す鈴木栄子(すずきえいこ)さん(57)=小川=らが栽培に取り組み「なかよしマンゴー」の商品名で3年前から出荷している。