大阪の拳銃強奪事件で、捜査関係者によると、飯森裕次郎容疑者が所持していた拳銃に残っていた実弾は4発だった。奪われた際は5発入っており、1発使われた可能性がある。