宇都宮地方気象台は16日午前5時27分、「大雨と雷及び突風に関する栃木県気象情報」を発表した。栃木県内では大雨のおそれはなくなったが、引き続き16日夕方にかけて大気の状態が不安定となる見込み。南部では同日朝から夕方にかけて、北部では同日朝から17日にかけて強風のおそれがある。

 同気象台によると、関東甲信地方の上空約5500メートルに、氷点下12度以下の寒気が流れ込む。栃木県内では、16日の日中は晴れて最高気温が平年よりもかなり高くなるという。

 16日から17日にかけて予想される最大風速は、北部で18メートル、南部で12メートル。最大瞬間風速は北部で30メートル、南部で25メートルの見込み。

 同気象台は落雷や突風、降ひょう、急な強い雨に注意を呼び掛けている。