木工製品作り体験をする参加者

 【さくら】旧穂積小で木工指導や木製品の展示・販売を行う穂積の「喜連川丘陵の里 杉インテリア木工館」(薄井徹(うすいとおる)代表)で15日、「里山・木工フェア」が始まった。16日まで。

 同館は、薄井代表(56)が2012年、杉スギやヒノキ、美しい里山の風景など地元に豊富にある資源を活用して地域おこしにつなげようと、廃校になった校舎で事業を始めた。同フェアは、木のぬくもりを身近に感じてもらおうと毎年開催している。