県庁にお目見えした巨大イチゴの装飾「でっかいちご」=14日夕、宇都宮市

 県庁本館の窓に14日、イチゴをモチーフにした巨大装飾がお目見えした。「いちご王国・栃木」プロモーションの一環として県は本年度、計5回実施する。初回の今回は、「県民の日」に合わせて企画した。17日朝まで。

 装飾は、「でっかいちご」の愛称で昨年度から始まった。庁舎の3階から13階までの南側窓に、赤と緑の布(縦1・8メートル、横1・2メートル)を計154枚掲げて、一粒のイチゴを形作る。

 初日となる14日は、夕方から装飾が施され、日暮れとともに、庁舎内の照明に照らされた真っ赤なイチゴが浮かび上がった。