思乃さんと共に馬とふれあう綾瀬はるかさん(右)=13日午後1時40分、那須塩原市寺子

 2020年東京五輪・パラリンピックを前に、全国のアスリートを訪問している女優の綾瀬(あやせ)はるかさん(34)が13日、那須塩原市寺子の那須トレーニングファームを訪れ、CMの撮影を行った。夫婦で障害馬術日本代表を目指す同ファーム社長の広田龍馬(ひろたりゅうま)さん(42)と、妻思乃(しの)さん(35)も出演し、綾瀬さんとの対談や競技の実演などを行った。

Web写真館に別カットの写真

 撮影は大会の最高位スポンサーを務めるパナソニックが2014年から展開する「ビューティフルジャパン」の一環で実施。綾瀬さんはアンバサダーとして全国を巡りアスリートの挑戦などを紹介している。

 本県は、馬術の障害飛越競技で国内最高峰の「全日本障害馬術大会」で、共に優勝経験のある広田さん夫妻が選ばれた。

 この日、綾瀬さんは厩舎(きゅうしゃ)や広田さん夫妻による障害馬術を見た後、自身も騎乗し低い障害飛びに挑戦。広田夫妻との対談では競技の魅力などを聞いた。

 CMは8月上旬ごろ、パナソニックのホームページで公開される予定。シドニー五輪の出場経験がある龍馬さんは「多くの人に見てもらい、馬術競技を知ってほしい」と期待を込めた。