基礎くいの調査が行われる町農業者トレーニングセンター(奥の建物)と、同じく利用を中止している町町民ホール

 【市貝】国の耐震基準を満たさず、体育館としての利用を中止している上根の町農業者トレーニングセンターについて、町は建物の耐震補強を視野に、基礎くいに東日本大震災の揺れによる破損がないか調査することを決めた。費用は1千万円。問題がなければ耐震補強し、早期の利用再開を目指す。

 同センターは1981年建築。災害時の避難場所でもあるが、81年以前の旧耐震基準で造られ、震度6強の地震で崩壊・倒壊する危険性が高いと診断された。1月末から利用を中止している。町は基礎の安全確認も必要と判断した。