「日本で一番おいしいと言っても過言じゃない」

 オーナーの増澤かなに(ますざわかなに)さん(23)は胸を張る。

 冷凍加工をしていない「生タン」。食感も味も冷凍とは別物で、2006年の創業以来、客が確実に注文する人気商品だ。

 「100人来たら、100枚出ます」と増澤さん。厚切りの生タンは、鮮やかなピンク色に美しいサシが入っている。税込み1280円と、納得の価格だ。

 店で提供する肉は全て鮮度にこだわり、注文を受けてから一枚一枚手切りする。店内はジャズが流れる半個室のおしゃれな空間で、七輪上方につり下げる排煙機のおかげで、煙の臭いも気にせずに炭火焼き肉を楽しむことができる。

 増澤さんは昨年11月から経営に関わり、オーナーに就任。写真共有アプリ「インスタグラム」も活用し、積極的に情報を発信している。昼メニューは気軽に炭火焼き肉を楽しめるランチに刷新し、今後は夜メニューもお薦めのものを厳選していく予定という。

 ファミリーからカップル、グループまで、幅広い層が来店する同店。若さあふれるオーナーによる今後の展開にも注目だ。

 ◆メモ 宇都宮市雀の宮6の1の5▽営業時間 平日午後5時~午前0時、土日祝日午前11時半~午後10時(土曜は午前1時)▽月曜定休(祝日の場合は営業、翌日休業)▽(問)028・653・0011。