馬とかけっこ競争をする子どもたち

 【栃木】渡良瀬遊水地で馬に親しむイベント「遊馬の時間・夏」が8日、市藤岡渡良瀬運動公園芝生広場で開かれた。地元の児童と親ら約50人が来場し、実際に馬にまたがったり、エサをあげたりして楽しんだ。

 豊かな自然を背景に走る馬の姿を新たな遊水地の魅力にしようと、ミカモライディングクラブ(藤岡町甲)の協力で市が2013年から毎年複数回実施している。

 イベントでは馬と並走する駆けっこ競走などを実施した。駆けっこ競走では児童たちが馬と約30メートルを激走。さっそうと駆け抜ける馬のスピードに児童たちは驚いた様子だった。

 ミニチュアホースやポニーと触れ合えるコーナーも設けた。旭町、保育園年長進上紗和(しんじょうさわ)ちゃん(6)は「ニンジンをおなかいっぱい食べてくれた」と満足そうだった。