B1栃木ブレックスは7日、パワーフォワード/センターのライアン・ロシター(29)と2019-20年シーズンの継続契約が合意に至ったと発表した。

 ロシターは所属6季目となった18-19年レギュラーシーズンに副主将を務め、全60試合のうち58試合に先発出場。ゴール下の要として平均19・76得点のほか、リバウンド、アシスト、ブロックでチームトップの成績を挙げた。このほか、フィールドゴールおよびフリースロー成功率、スチール、ターンオーバーなどほぼ全ての項目で前季を上回った。