全国で高齢ドライバーによる交通事故が相次ぐ中、宇都宮中央署は6日までに、運転免許証の自主返納者を表彰する取り組みを始めた。県内では、矢板署が昨年から同様の取り組みを行っている。

 高齢者の運転を巡っては、4月に東京・池袋で乗用車が暴走して母子2人が死亡。今月4日には、福岡市でワゴン車が猛スピードで交差点に突入し、ワゴン車の2人が死亡した。福岡市の事故では、運転していた80代男性が事故前、周囲に免許の返納を相談していたとされる。