2020年東京五輪・パラリンピックの参加国・地域と自治体の交流を進める「ホストタウン」構想に関連し、福田富一(ふくだとみかず)知事は6日の定例記者会見で「(本県の相手国の)ハンガリーを最優先した上で、他の国から申し出があれば市町と協議しながらホストタウンの登録をして対応していくことは十分あり得る」と述べた。