日光市方面で発生した雷雲から走る稲妻=5日午後6時45分、宇都宮市戸祭3丁目(4秒間露光)

 5日の県内は、上空5500メートル付近にある寒気の影響で大気の状態が不安定になり、北部で雷雨となった。

 午後6時半すぎに宇都宮市中心部から日光方面を望むと、発達した雷雲が日光連山を覆い隠し、薄暮の空に稲妻が幾筋も走った。

 宇都宮地方気象台によると、7日ごろ天気が下り坂に向かうとみられる。関東地方もいよいよ梅雨の季節を迎えそうだ。