補助犬ステッカーなどを店主に手渡すオリオン通り商店会スタッフ(右)

 【宇都宮】補助犬同伴での入店に理解を深めてもらおうと、オリオン通り商店会は31日までに、加盟店約120店舗に補助犬の種類や接し方などを紹介するチラシと、店頭用ステッカーを配布した。

 補助犬ユーザーから「オリオン通りの店で、同伴での入店を断られた」と相談を受けた東日本盲導犬協会(福岡町)が同商店会に協力を要請、同商店会が受け入れた。

 補助犬は、体に障害がある人をサポートする盲導犬や介護犬、聴導犬。身体障害者補助犬法では、「不特定多数の人が利用する施設等では、補助犬同伴を拒んではならない」と規定されているが、民間を中心に入店や利用を拒否するケースが課題となっている。

 オリオン通り商店会事務局の松田法子(まつだのりこ)さん(54)は「補助犬同伴でも、気軽に当たり前に入店できる通りでありたい」と話している。