幻想的に舞うホタル=2日午後8時(渡辺孝道さん提供)

 【鹿沼】ホタルの観賞スポットとなっている、酒野谷の出会いの森福祉センター近くの河川敷で、ホタルが舞い始めた。

 同所は大芦川と荒井川の合流地点に近く、広い河川敷と広葉樹林があり、毎年ホタルの乱舞が見られる。ホタルは蒸し暑く晴れた日に多く飛ぶといわれ、条件が整った2日は、午後8時すぎから暗闇にいくつものほのかな光が飛び交った。

 10年以上ホタルを観察、撮影している西沢町、公務員渡辺孝道(わたなべたかみち)さん(59)は「例年に比べ1週間は遅い。湿気が少ないからでしょうか」と分析。「これからしばらく、市内の小川などで魅力的な自然のイルミネーションが楽しめそう」と話していた。