啓発活動を行う職員

 【栃木】「世界禁煙デー」の5月31日、県県南健康福祉センターと市健康増進課の職員計10人が栃木駅構内で啓発活動を行った。

 市内での啓発活動は初の試み。帰宅時間帯の午後5~6時に、受動喫煙の害を記したティッシュや禁煙治療を推奨するチラシを配布した=写真。学生が多く受け取り、職員らは「親御さんにお伝えください」と言葉を添えていた。

 配布活動の責任者の県職員根岸真知子(ねぎしまちこ)さんは「地域から禁煙の輪が広がってほしい」と訴えた。厚生労働省の定める「禁煙週間」は6日まで。