男子ケイリン決勝 優勝を決めてガッツポーズをする作新の田崎(左)=宇都宮競輪場

 関東高校スポーツは2日、宇都宮市体育館ほかでバドミントン、自転車などを行った。

 自転車は男子ケイリンで田崎隼翔(たさきはやと)(作新)が初優勝。スプリントは元木汐音(もときしおん)(同)が準優勝した。チームスプリント決勝でも作新が50秒404で3位入賞した。

 バドミントン女子団体の作新は3年連続で準優勝。決勝では舛木(ますき)さくらが快勝したが、1ー2で常総学院(茨城)に敗れた。男女の宇北は準々決勝でともに埼玉栄(埼玉)にストレート負けした。

 ホッケーは今市が男女アベック優勝。決勝で男子は山梨学院(山梨)を2-0で退け3連覇を飾り、女子は飯能(埼玉)を1-0で下して2年ぶりの女王に返り咲いた。

 重量挙げは小山南勢2人が頂点。女子64キロ級で山根緑(やまねみどり)がトータル175キロの好記録で制し、同76キロ超級では篠原愛実(しのはらまなみ)がトータル150キロで栄冠に輝いた。