関係団体が出席して行われたふるさと鉄道DMCの初の勉強会=5月29日午後

 一般社団法人の「日光古民家再生協会」(日光市轟)と「古民家再生協会福島」(福島県郡山市)は、野岩鉄道と会津鉄道の沿線の空き家や古民家を活用した観光開発を行う法人「ふるさと鉄道DMC」の設立を目指している。5月29日、日光市三依公民館で開いた初の勉強会には、同市をはじめ関係自治体、企業などの関係者が出席し、意見を交換した。

 DMCは「デスティネーション・マネージメント・カンパニー」(観光地経営会社)の略。一般に株式会社の形をとり、地域の資源を生かした観光地経営を主導し、データ分析や戦略づくり、旅行商品の開発や販売を行う。

 「ふるさと鉄道DMC」は、地域の高齢者と連携し、空き家や古民家の利活用を関係機関と協力して行う地域に根差した法人を目指す。エリアは、野岩鉄道「新藤原駅」と会津鉄道の「会津若松駅」の沿線区間。日光市、福島県の南会津町、下郷町、会津若松市の計2市2町にまたがる。