聖火リレーのルート選定を知らせる「立て看板」を構内に設置する市職員=1日午後、JR小山駅

 2020年東京五輪の聖火リレーのルートが発表された1日、聖火の通過が決まった県内自治体からは喜びや期待の声が相次いだ。「市民全体で盛り上げたい」「世界に魅力を発信できる」。首長や関係者らは世紀の祭典の序章となるイベントに胸を膨らませた。わが街を聖火ランナーが走ることになった住民は「沿道に駆け付け応援したい」と声を弾ませた。ルートから漏れた自治体の首長は肩を落としたが、通過市町にエールを送った。

 聖火リレーのルートに決まった市町では、住民が喜びに沸いた。