会席料理5000円コース。目と舌で季節を楽しめる

 にぎやかな市中心部にありながら、創業120年の日本料理店は落ち着いたたたずまいをみせる。少し緊張して2階に案内され、風格ある和室に通された。

Web写真館に別カットの写真

 畳の上にじゅうたんを敷いたテーブル席になっていて、ホッとした。これなら楽に食事ができる。

 5代目の豊田茂祐貴(とよだしげゆき)さん(43)は「旬の食材をおいしく、安く提供したい」と話す。東京で修行し、父親の板長鉱一(こういち)さん(67)と一緒に調理場で腕を振るう。

 予約したのは会席料理5000円コース(税・サービス料別)。前菜(ちまきずし、あえ物)、おわん(ヨモギ豆腐、タケノコ、エビしんじょう)、お造り(マグロ、タイ、イカ)、焼き物(サワラ)、煮物(豚の角煮、飛竜頭)。ご飯、デザートへと続くコースを目と舌で堪能した。

 かつては接待の場所だったが、今は家族の会食、お祝い事などの利用が多いという。格式ある料亭への遠慮なしに、和食の神髄を味わえる。「若者にも親しまれるよう、伝統を生かしたカジュアルな料理を目指している。日々勉強です」と茂祐貴さん。

 味、量ともに満足できるランチ(税込み1500円)は魚または肉のメイン料理が選べ、おわん、小鉢、香の物、デザート、コーヒー・紅茶が付く。ランチ営業は月、火、水、金曜。

 メモ 宇都宮市本町6の7▽営業時間 午前11時半~午後2時、午後5時半~9時(夜は要予約)▽定休日 日曜、祝日▽問028・622・8220