野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は31日、小山運動公園野球場で新潟と対戦し、2-2で引き分けとなった。通算成績は15勝1分け11敗。

 栃木GBは初回に3失策で1点を失ったが、二回1死満塁で9番秋庭蓮の左犠飛で同点。再び1点を追う八回は2死三塁から暴投で三走・野崎新矢が生還した。先発比嘉大智は6回1失点で粘投し、七回以降は3投手の継投で1失点にしのいだ。

 次戦は6月1日午後1時から、新潟県の佐藤池野球場で新潟と対戦する。