庭園の一角で開花したナスヒオウギアヤメ

庭園の一角で開花したナスヒオウギアヤメ

庭園の一角で開花したナスヒオウギアヤメ 庭園の一角で開花したナスヒオウギアヤメ

 【日光】日本の歴史公園100選に選ばれている本町の日光田母沢御用邸記念公園で、皇室ゆかりの希少種ナスヒオウギアヤメが開花し、薄紫色の優雅な姿が庭園を彩っている。

 ナスヒオウギアヤメは那須町で発見され、昭和天皇の著書で紹介された絶滅危惧種。2004年に宮内庁から県に贈られ、約100株が同公園に移植されたという。

 同公園事務所によると、6月中旬ごろまで見られるという。入園料は高校生以上550円、小中学生270円。火曜休み。(問)0288・53・6767。