トラクターで畑を耕す高城さん

トラクターで畑を耕す高城さん

トラクターで畑を耕す高城さん

トラクターで畑を耕す高城さん

トラクターで畑を耕す高城さん トラクターで畑を耕す高城さん トラクターで畑を耕す高城さん トラクターで畑を耕す高城さん

 【那須烏山】横浜市出身で2017年に市に移住した高城和男(たかぎかずお)さん(37)が、4月から小木須で就農し、耕作放棄地を利用して有機野菜づくりに励んでいる。農村暮らしを体験する農家民泊の受け入れを目指すほか、狩猟免許も取得する予定。自動車部品の設計から農業に転身した高城さんは、「観光客に里山の良さを伝えたい」と意気込んでいる。

 高城さんは横浜高、法政大工学部を卒業後、県内外の自動車メーカーなどに勤め、約10年間部品設計に携わった。

 その後「里山で農業をやりたい」と考え、17年4月に有機農業の担い手や就農者の育成などに取り組む中山の帰農志塾(きのうしじゅく)に入った。2年間の研修で有機農業の基礎を学び、今年4月に独立した。市内に残って就農するのは珍しいという。