バスケットボールB1栃木ブレックスは28日、昨季リーグベストディフェンダー賞とベスト5に選ばれた遠藤祐亮(えんどうゆうすけ)(29)ら3選手と2019-20シーズンの契約継続で合意したと発表した。ほかは渡辺裕規(わたなべひろのり)(31)、山崎稜(やまざきりょう)(26)の2人。

 遠藤はレギュラーシーズン56試合、チャンピオンシップ4試合に出場し、2季ぶり2度目のベストディフェンダー賞に輝き、初のベスト5にも選出された。渡辺は攻守の要として、山崎は貴重なバックアッパーとして献身的にプレーした。

 クラブを通し、遠藤は「来季こそは最善を尽くします」、渡辺は「今季の悔しさを晴らせるよう、また一から精進します」、山崎は「ファンと一緒に優勝できるよう頑張ります」とそれぞれコメントした。