和洋菓子を製造販売する「鬼怒川お菓子の城」=日光市

 米菓製造の丸彦製菓(日光市芹沼、山田行彦(やまだゆきひこ)社長)は、「鬼怒川お菓子の城」を運営する和洋菓子製造販売の亀屋菓子本舗(日光市柄倉)を傘下に置き、日光・鬼怒川観光で米菓と和洋菓子のシナジー(相乗)効果による拡販を進めている。

 スーパーなど流通ルートや、通信販売で販路を広げる丸彦製菓は、本社工場に「名水の郷 日光おかき工房」として直売所を開設している。100種以上の出来たて商品を販売するほか、手焼きせんべい体験や工場見学ができ、年間50万人以上の観光客や地元客を集客している。