「動く3センチアート」を楽しむ山田さん(右から2人目)親子と鵜沢さん

 【大田原】独自のコラージュ作品「3センチアート」を手掛けるコラージュ作家鵜沢一夫(うざわかずお)さん(61)=那須塩原市青木=の個展が6月1日まで、蜂巣のヒカリノカフェ蜂巣小珈琲(コーヒー)店ギャラリーで開かれている。子どもたちが作ったカラフルで発想豊かな作品も並ぶ。

 鵜沢さんは、包装紙など身近な素材を3センチ四方の平面に貼り合わせた「3センチアート」を制作し、アトリエで教室も開いている。同店で毎年、個展を開催し、今回は絵本を中心に立体や平面の作品35点を展示。9分割された木枠の中で自由に「3センチアート」を動かせる作品もある。

 那須塩原市西幸町、主婦山田愛子(やまだ(あいこ)さん(32)の長男凌央(りょう)ちゃん(5)は、段ボールで作った力作のノートパソコンを出品した。親子で教室に通う愛子さんは「自由に作った作品をすごく褒めてもらえる。集中して作品に向き合う時間を楽しんでいます」と話した。

 午前11時~午後4時(最終日2時)。(問)同店0287・54・2255。