イノシシに荒らされたクリンソウの群生地の一部

 【日光】上三依の上三依水生植物園で、イノシシが侵入し、クリンソウの群生地の一部など約50平方メートルが荒らされる被害が発生したことが27日までに分かった。同園の被害は過去9年間で最大規模だという。

 イノシシは16~21日の夜間、同園に侵入。3500株以上あるクリンソウの群生地(約200平方メートル)のうちの約40平方メートルや、ヒメサユリ、ヤマユリ、コオニユリなどが荒らされた。湿地帯などの土も掘り返されたという。

 被害が続くことから同園は20日、市に報告。22日に地元の猟友会の協力を得て、進入経路とみられる西側にわなを設置した。今後、被害にあった植物は補植する方針。