井頭公園を彩るバラの花=27日午前、真岡市下籠谷

 真岡市下籠谷(しもこもりや)の井頭公園バラ園で、バラが最盛期を迎えた。色鮮やかな大輪が来園者を楽しませている。

Web写真館に別カットの写真

 4200平方メートルに約290種2100株が植栽され、今年は昨年より1週間ほど遅い今月上旬から開花し始めた。深紅の「クリムソングローリ」や白と黄の「ゴールドバニー」、薄紫の「ブルーライト」などが咲き誇り、甘い香りを漂わせている。

 真夏のような日差しが照り付けた27日午前、群馬県太田市から初めて来園したという主婦鈴木律子(すずきりつこ)さん(47)と同藤江智美(ふじえさとみ)さん(47)は「青空の下でカラフルなバラの花びらが映えて、とてもきれいですね」と喜んでいた。

 6月上旬まで楽しめるほか、同2日まではバラの苗などを販売する「ローズフェスタ」が開かれている。