大翔丸(手前)を破った貴源治=両国国技館

 小山市出身の貴源治が初の十両優勝を果たし、7月の名古屋場所からの新入幕を確実にした。24日に幕下優勝を決めた双子の兄・貴ノ富士に続いた形となったが、本人の表情は至って冷静。「来場所も今場所と同じくらいの成績を残せるように精進する」と既に幕内の土俵を意識している。

 この日の一番は、しっかり相手を受け止めてから落ち着いて寄り切った。取組前に3敗の琴勇輝が敗れたため、先に優勝が決まっていたが「そんなことで気を抜いていたら二流や三流。相手にも失礼」と集中。花道では何度もまわしをたたいて気合を入れた。