くす玉を割り、貴源治の十両優勝を喜ぶ市民ら=25日午後4時、間々田公民館

貴源治の十両優勝に歓声を上げる市民ら=25日午後4時、小山市間々田公民館

貴源治の十両優勝を喜ぶ市民ら=午後4時、間々田公民館

くす玉を割り、貴源治の十両優勝を喜ぶ市民ら=25日午後4時、間々田公民館 貴源治の十両優勝に歓声を上げる市民ら=25日午後4時、小山市間々田公民館 貴源治の十両優勝を喜ぶ市民ら=午後4時、間々田公民館

 大相撲夏場所(東京・両国国技館)で東十両2枚目の貴源治(たかげんじ)(22)=千賀ノ浦部屋=が十両優勝を決めた25日、地元の小山市は祝賀ムードに包まれた。パブリックビューイング(PV)が行われた間々田公民館では市民らがくす玉を割り、花火を打ち上げて本県出身力士としては59年ぶりとなる快挙を祝福。小山市は早速、優勝を祝う立て看板をJR小山駅などに設置した。

 同市などが主催したPVには約60人が集まった。午後3時10分ごろ、星二つ差で追う琴勇輝(ことゆうき)が先に負けたため、この時点で優勝が決定。市民らは「やったー」と安堵(あんど)の表情を浮かべ、拍手をして喜んだ。