日本人選手トップの4位に入った宇都宮ブリッツェンの増田=静岡県、小森信道さん撮影

 国内最大規模の自転車ロードレースの国際大会「ツアー・オブ・ジャパン(TOJ)」第6日は24日、静岡県の富士スピードウェイ西ゲート~ふじあざみライン(36キロ)で第6ステージを行い、宇都宮ブリッツェンの増田成幸(ますだなりゆき)が日本人選手最高の4位に入った。個人総合成績も日本人トップの4位に浮上した。