皇室や大嘗祭などに関する資料約70点が並ぶ会場=24日午後、県立図書館

 新元号「令和」が始まったことを受け、県立図書館は24日から、ロビー展示「皇室を知る」を始めた。11月の大嘗祭(だいじょうさい)で使うコメの産地が本県に決まったことを踏まえ、昭和天皇即位時の大嘗祭の写真集など、普段貸し出しを禁じている貴重な資料を含む約70点を展示している。

 県民に皇室に関する知識を深めてもらうことが目的。皇室や宮中祭祀(さいし)、県内の皇室ゆかりの場所などに関する資料を並べている。