貴源治の勝利に喜ぶ市民ら=24日午後3時40分、小山市間々田公民館

 大相撲夏場所(東京・両国国技館)で小山市出身の双子力士が土俵を沸かせている。弟で東十両二枚目の貴源治(たかげんじ)(22)と兄で西幕下二枚目の貴(たか)ノ富士(ふじ)(22)=ともに千賀ノ浦部屋=だ。24日は兄弟そろって勝ち、貴ノ富士が7戦全勝で幕下優勝を決定。貴源治の十両優勝は持ち越しとなったが、同市間々田公民館で開かれたパブリックビューイング(PV)には約80人の市民らが集まり、地元力士に声援を送った。

 PVは2人の両親が間々田地区に住んでいることから、小山市が企画した。午後2時40分ごろ、貴ノ富士が上手投げを決めて幕下優勝を決めた。近くに住む同市間々田、山中九市(やまなかくいち)さん(79)は「全勝優勝は素晴らしい。地元の誇りとしてこれからも頑張ってほしい」と笑顔を見せた。