厚生労働省は24日、旧優生保護法下の強制不妊手術問題の救済法に基づく一時金320万円について、北海道と宮城県の女性計5人への支給を決定した。法施行後、認定は初めて。6月中に支払われる。