サッカー女子W杯に向けた合宿で調整する(左から)市瀬、池田、長谷川、籾木=千葉県内

 サッカー女子の日本代表「なでしこジャパン」は23日、女子ワールドカップ(W杯)フランス大会に向けて千葉県内で合宿2日目を迎え、約1時間半、汗を流した。右膝を痛めている植木(日テレ)は別メニューで、状態が万全でない阪口、小林(ともに日テレ)岩渕(INAC神戸)は宿舎で調整した。

 明るい雰囲気の練習では、GKも交えた5対5のミニゲームなどで中島(INAC神戸)長谷川(日テレ)らが体を動かした。2大会ぶりの優勝を目指す日本はW杯1次リーグD組でアルゼンチン、スコットランド、イングランドと対戦する。