キャッシュレス決済の推進について意見を交わした栃木活性化サロン=22日午後、宇都宮市

 関東財務局宇都宮財務事務所は22日、栃木活性化サロンを宇都宮市内で開いた。今回は県内企業経営者や有識者ら関係者約20人が参加し、現金を使わないキャッシュレス決済の推進について理解を深めた。参加者からは決済事業者が多いことに対する戸惑いの声も上がった。

 世界的にキャッシュレスの流れが進む中、日本のキャッシュレス決済比率は19・8%(2016年)にとどまり、政府は今後約10年で倍増を目指している。