観客席からの視界を確認する視察団一行=県立温水プール館

競技会場の広さなどを確認する視察団一行=県南体育館

観客席からの視界を確認する視察団一行=県立温水プール館 競技会場の広さなどを確認する視察団一行=県南体育館

 2022年いちご一会とちぎ国体の準備状況を確認するため、本県入りしている日本スポーツ協会などのメンバーは22日、小山市の県南体育館などを視察した。国体委員会の大野敬三(おおのけいぞう)委員長は「順調に進んでいる印象。栃木の魅力を世界に発信する国体にしてほしい」と講評し、大会の成功に期待を寄せた。

 視察団は同協会のほかスポーツ庁、日本アンチ・ドーピング機構の代表者で構成する計7人。県、同市の関係者の案内で空手道と新体操競技を実施する県南体育館、水球を行う県立温水プール館を訪れ、会場内の動線や観戦環境を確認した。